レゴで小さな移動ホットドッグ屋さん・子供作品

ホットドッグ屋さん
ホットドッグ屋さん

 

最近親子でレゴの街作りにはまっています。 レゴテーブルの上はシティのカーブロードプレートを更に追加したので、徐々に街らしくなってきました。

 

 

過去にもこのようなホットドッグ屋さんは発売になっていたとは思いますが、レゴのアイデア・ブック(Cool City)を参考に、いつの間にか作り上げていました。

 

出来上がり

 

パンはボックスの中にしまってあります。(息子解説)

焼きあがったソーセージは現在1本です。

 

後ろ

 

後ろ側の様子です。

カート横にはケチャップとマスタード、フライパンが装備されています。

特に特殊なパーツを使用している訳ではないので、誰でも簡単に作れるのではないかな?

 

参考にした本とロードプレート

Cool Cityは何度も紹介しましたが、やっぱり好きな本ですね。パラパラ見るだけでも楽しいです。

 

 

ロードプレートは2種セットではなくバラで販売してくれたらいいのにと思います。が、やっぱりあると便利。

 

おまけ・母が作った建物を背景に

 

母の作った建物も(図々しくも)ご紹介します。

手持ちパーツとの勝負、基本的にロードプレート周りに配置しやすいよう、8×16ポッチのプレートで収まるように・・・。 

内部の飾り付けはムスコが手伝ってくれました。

 

建物

 

左から本屋(2階はインド人の経営するカレー屋)、カフェ、レゴシティのまち60097のパクり、CDB(息子の飾り付け、深い意味は無し)おもちゃ店、オープンスタイルの立ち食い中華料理店(2階はニャーの経営する茶葉専門店)、となります。

現在も絶賛手直し中です。

 

※この記事は別館サイトで公開していたものを移転しました。